マウスピース矯正・インビザラインを大阪府枚方市でご検討の方へ

マウスピース型
矯正装置

  • TOP >
  • マウスピース型矯正装置

審美性が高く、
違和感が少ない矯正装置。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは、透明のマウスピースを使用することで少しずつ歯を動かす治療方法のことをいいます。矯正治療を行うにあたって、矯正装置の審美性を重要視される方や、違和感が少ない装置を希望される方に適した矯正装置です。

口唇裂・口蓋裂・顎変形症などは保険が適用されます。

マウスピース型
矯正装置のメリット

  • 金属を使用しないため金属アレルギーの方でも治療できる

  • 装置が目立ちにくく審美性が高い

  • 矯正装置のような違和感が少ない

  • 着脱可能なため食事や歯みがきが従来通りできる

  • 来院時、短時間で治療が完了する(主にマウスピースの交換)

リンガルブラケット矯正装置も非常に審美性が高く目立たない装置ですが、固定式の矯正装置を装着するため違和感があります。それに比べてマウスピース型矯正装置の場合、審美性が高いことに加え違和感が少なく、着脱式のため食事や歯みがきといった日常生活が従来通り送れることが大きな特徴です。

マウスピース型
矯正装置のデメリット

  • 装置に慣れるまで発音しにくいことや違和感がある

  • 症例により適応できないケースがある

  • 装置を装着していただけないと治療が進行しないことがある

通常の針金と矯正装置を使用する治療では、患者様の協力に関係なく歯はオートマチックに動いていきます。しかしマウスピース型矯正装置の場合、患者様の自己管理や協力が治療の進行に大きく影響するため指示通りに装置を装着していただく必要があります。

マウスピース型
矯正装置の治療の流れ

STEP.1
診断時(検査結果のお伝え)にマウスピース型矯正装置の対象ケースか判断する。
STEP.2
お口の中の歯型をスキャンする(もしくは精密な歯型を採る)。
STEP.3
治療ゴール、治療計画をたて装置作製依頼を出す。
STEP.4
治療ゴールまでに必要なマウスピースが複数枚届く。
STEP.5
マウスピースの交換を繰り返すことで歯を動かす。
STEP.6
治療終了、保定期間として経過観察。

歯型採りは必要ありません

当院では、光学スキャナーのiTero(アイテロ)を導入することで、歯型採りをすることなく治療を行うことが可能になりました。光学スキャナーでお口の中をスキャンすることで、より精密なマウスピースを作製することができます。

iTero(アイテロ)

光学スキャナーiTeroの特徴

  • 1

    患者様への負担を軽減

    患者様への負担を軽減

    光学スキャナーを使用し、お口の中をスキャンするだけで精密にお口の中の状態を把握することができます。歯型採りのような不快感もなく、短時間で終わらせることができるため、患者様への負担を軽減することができます。歯型採りが苦手な方でも安心して治療を受けていただけます。

  • 2

    治療イメージが確認できる

    治療イメージが確認できる

    スキャンしたデータをその場で3D画像で確認することができます。そのデータをもとに治療計画を立てますので、治療過程や治療終了時の歯並びの状態を患者様に確認していただくことができます。以前は、患者様に治療終了時の歯並びをイメージしていただくことはできませんでしたが、光学スキャナーを用いることで可能になりました。

※上記の装置は完成物薬機法対象外の矯正装置であり医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。