保険適用の外科矯正を大阪府枚方市でご検討の方へ

保険適用の外科矯正

  • TOP >
  • 保険適用の外科矯正

口唇裂・口蓋裂・顎変形症などは保険が適用されます。

矯正治療は基本的に保険は適用されず自費治療となりますが、当院は顎口腔機能診断施設指定機関、指定自律支援医療機関の認定を受けており、口唇裂・口蓋裂・顎変形症などの矯正治療に関しては保険が適用されます。

口唇裂・口蓋裂・顎変形症などは保険が適用されます。

保険適用となる対象

  • 外科手術を併用した
    顎変形症に対する治療
  • 前歯3歯以上の
    永久歯萌出不全に起因した
    咬合異常
  • 厚生労働大臣が定める疾患
    に起因した咬合異常に対する
    治療

※詳しい疾患名についてはこちらで確認してください → 厚生労働大臣が定める疾患

顎変形症について

顎変形症とは、歯だけでなく骨格的な異常により咬み合わせのズレやお顔や顎の変形が起こっている状態のことをいいます。そのような場合、矯正治療に外科手術を併用することで骨格に対する治療を行います。そのような治療を外科矯正と呼ぶこともあり、外科手術を併用することで審美的な改善はもちろん、機能的にも改善され歯の安定性が高まることに繋がります。

外科手術併用の
矯正治療の流れ

STEP.1
まず診断時に外科手術の適用症例であるかの判断をします。
STEP.2
適用症例だった場合、外科手術前の矯正治療を行います。
STEP.3
治療中に矯正装置を付けた状態で外科手術を行います。
STEP.4
外科手術終了後の矯正治療を行います。
STEP.5
術後の矯正治療が終了すれば装置を除去します。
STEP.6
装置除去後、保定期間にて経過観察を行います。

※上記の流れは基本的な大まかな流れのためケースによっては、術前矯正を行わない(サージェリーファースト)など手順が異なる場合があります。